@イギリス

先ほど、日本からメールをいただきニュースを確認しました。

 

今は、ロンドンから離れ、カーディガンという街にいます。

 

f:id:yukieisori:20170915200931p:image

 

青の矢印のところです。

あと1週間ここで滞在させてもらう予定をしています。

 

WWOOF @カーディフ

今日は教え子を見送るために、1週間ぶりのカーディフ

 

明日、教え子は日本に向けて出発。この1ヶ月楽しいことだけでなく、しんどいこともあったと思うけど、初めての海外旅行が今後の経験に活きるといいな〜。

 

この旅でしんどかったことも含めて気持ちを伝え合う時間を取り、思いを共有した。

晩ごはんを食べに行った後は、恒例のベスト3タイム!!!旅のふり返り。

 

教え子との旅が実現したのも、ともに旅する友だちのおかげ。明日からはまた2人旅。よろしく!!

 

 で、この1週間、何をしていたかというと…

 

ハーバーフォードウエストという街に降り立ち、ここからバスで1時間Eglwyswrwという街へ。

f:id:yukieisori:20170909022136j:image

 

自然とともに生活をされているお宅でガーデニングのお手伝い。

f:id:yukieisori:20170909022212j:image

英語がわからない中、「I show you.」と言って、やって見せてくれ、いろんな作業をさせてもらいました。

f:id:yukieisori:20170909022241j:image

その中で覚える単語。

weeding→雑草を抜く

ripe→熟した

soil→土

ridge→畝

wheelbarrow→一輪車

などなど。

f:id:yukieisori:20170909022250j:image

f:id:yukieisori:20170909022312j:image

そして、一番の楽しみは昼ごはんと夜ごはん。

f:id:yukieisori:20170909022341j:image

ここの畑で採れた野菜を中心に作られるカレーやサラダ。最高に美味しい!!

 

そして、ラズベリーが食べ放題。採っても採っても採りきれないほど。

f:id:yukieisori:20170909022221j:image

朝から収穫して、採れたてのラズベリーを朝食でいただく。

f:id:yukieisori:20170909022413j:image

理想的な生活。あともう少し英語がわかればいうことなしなんだけどね…

 

合計5時間働いた後はフリータイム。

家の周りを散策したり、ラズベリーブラックベリーを収穫して食べたり、洗濯したり。

 

家の近くにある公衆電話が、今では、本のリサイクル場所。いる人が持って行き、いらなくなった本はここに置く。

f:id:yukieisori:20170909022434j:image

ちょっと歩けばこの景色。

f:id:yukieisori:20170909022526j:image

 

ここ↓は、敷地内。

 f:id:yukieisori:20170909022550j:image

左の小屋がトイレ。私たちの住まいは右奥に見えるキャラバン。

 

これ↓

f:id:yukieisori:20170909022641j:image

かなり自然に近い生活を楽しんでいます。もちろん、ちゃんとした建物もあるので、ごはん、シャワーはそこでさせてもらって、寝るときはキャラバンへ。

 

ある日のtea time。

スコーンを買ってきてくださり、クリームティーをいただきました。

 f:id:yukieisori:20170909022702j:image

ロンドンでもわざわざお店を探して、クリームティーを楽しみにいったけど、やっぱり地元の人に教えてもらった楽しみ方は最高!!かなーーーーり美味しかった(^^)

 

とてもステキなお庭です。

f:id:yukieisori:20170909022755j:image

 

そして、やっぱり働くっていいな〜と思った1週間でした。

『虹色のチョーク』という本の中に、「人としての幸せ」について書かれていました。

 

物やお金をもらうことが人としての幸せではない。 

人に愛されること

人に褒められること

人の役に立つこと

人から必要とされること

 

働くことで得られる幸せがあるなと実感。

 

明日、教え子を見送った後、再び農場に戻ります。もっともっとたくさんのことを吸収して、またカーディフに戻ってきたいと思います!

 

フットボール @カーディフ

今日から3週間、ウーフ。

Willing Workers On Organic Farms

 

農場で働く経験をさせていただきます。楽しみな反面、不安も…言語はもちろん英語。大丈夫かな…

 

個人のお家でお世話になるため、Wi-Fiがつながらないかもせれません。

 

昨日はカーディフ入り。

f:id:yukieisori:20170903062630j:image

ここでは、特にすることを決めず、ゆっくり過ごすことに。

f:id:yukieisori:20170903062641j:image

朝の散歩。

f:id:yukieisori:20170903062708j:image

早起きは苦手だけど、朝の散歩は気持ちがいい!何よりも人が少ない。

f:id:yukieisori:20170903062729j:image

しかし、この時の気温14度。寒い。いっきに冬がきました。

f:id:yukieisori:20170903062810j:image

 f:id:yukieisori:20170903062816j:image

そんな朝の時間を楽しんだ後、日中は下調べ。

教え子との旅もあと1週間。1週間後にこの街から日本へ帰るので、その時のホテル、空港行きのバスを確認しにいく。

 

すると、なにやら赤色の服を着た人がたくさん…

ホテルのフロントの人が確か「今日はフットボールがあるから、人がいっぱいだよ」と。

 

それにしてもすごい人。赤い…

f:id:yukieisori:20170903062851j:image

f:id:yukieisori:20170903062919j:image

f:id:yukieisori:20170903063007j:image

 

 

夜、ホステルでサッカー観戦。近くのスタジアムで行われている試合を見る。

ロシアワールドカップ出場をめざして、ウェールズオーストリア

f:id:yukieisori:20170903063019j:image

今回の旅は、ほとんどテレビを見ていないけど、ローマで「マンチェスターVSレアル」、パリで「フランスのチームに移籍したネイマール」、そして昨日の試合を見た。

 

昨日の試合は面白かった!!

f:id:yukieisori:20170903063029j:image

途中交代の背番号22。彼は17歳だそうで、一緒に見ていたファンは彼のことを「ベイビー」と呼んでいた。

 

彼のゴールでウェールズ勝利!!

 

久しぶりに盛り上がり、楽しかった。街からは、夜遅くまでファンの声が聞こえていました。

 

では、今から準備して、今日からお世話になるお家へ向かいます!!

 

「いってきます!!」

 

 

 

 

 

Lon(don)g Vacation @イギリス

ロンドンでロングバケーション!!

 

ロンドンの観光をどのように回ろうか悩みに悩んだ結果、やりたいのとを全てやろう!!と決めた!

 

なので、トラベルカード一日券を購入。これがなかなかいい値段…1,800円ぐらいした。

 

まずはここへ↓

f:id:yukieisori:20170902075730j:image

 キングス・クロス駅(9と3/4番線)

ハリーポッターで使われた駅。実際は、ここではなく4番線と5番線の間らしいけど…

 

この長い列に並び、写真撮影。

f:id:yukieisori:20170902080130j:image

 

ここに来るまでに、今までほとんど英語を使おうとしなかった私が、友だちに「行きたいなら自分で聞きな!」と愛のムチを打たれ、頑張って聞きました!

 

一度で理解しきれない私は三度聞いて、無事到着することができました!

9と3/4番線を発見したことも嬉しかったけど、自力でたどり着いたことも嬉しかった。

 

次は大英博物館

f:id:yukieisori:20170902080502j:image

ここがなんと!無料!!

今まで散々、美術館や博物館にお金を使ってきただけに無料は嬉しい。

f:id:yukieisori:20170902080717j:image

一番見たかったのは、ロゼッタ・ストーン。予想より大きかった。

f:id:yukieisori:20170902080732j:image

書かれている文字をじっくり見る。

 

 

次は、ロンドンで一番したかったロングバケーションのロケ地めぐり。

 

その前に「フィッシュ&チップス」

これも英語にチャレンジ!テイクアウトできるか聞いてから購入。

f:id:yukieisori:20170902081053j:image

 

ロケ地3ヶ所をめぐります。

結婚式当日、寝坊して教会に向かうシーン。

1つめ。

f:id:yukieisori:20170902081303j:image

横断歩道がなくっていたり、お店の看板が変わっていたりしたけど、絶対にここ!という確信をもって撮影!!

 

近くのクリーニング屋さんに聞くと「ここだよ!日本のテレビ!?」みたいなことを聞かれ、「それなら公園の方だよ」と2つめのポイントを教えてくれた。もちろん、ここでも英語でチャレンジ!

 

発見!!2つめ↓↓↓

f:id:yukieisori:20170902081316j:image

ここは、セリフ入りの動画も撮りました!!瀬名と南になりきってf^_^;

 

ここでテンションMAX!楽しかったー!

 

最後は、ここ↓

f:id:yukieisori:20170902081403j:image

教会に向かって走る!走る!

残念ながら、工事中だったけど、気持ちは大大大満足!

 

《ロンドンでロングバケーション!》

コンプリート^ ^

 

次は、ビートルズアビーロード

f:id:yukieisori:20170902082200j:image

残念ながら、ここも工事中でしたが、しっかりビートルズのマネをして写真を撮りました!!ちょっとはずかしいので、風景だけ…

 

工事のおじちゃんが、「これがアビーロードアスファルトだよ」と何度も声をかけてくれるので、工事中のアスファルトにタッチしました!陽気なおじさまでした。

 

次は、自然史博物館。ここも無料。

f:id:yukieisori:20170902082523j:image

 

タワーブリッジ

f:id:yukieisori:20170902082612j:image

ロンドン塔↓を堪能。

f:id:yukieisori:20170902082622j:image

 

最後にビッグベンの夕陽。

f:id:yukieisori:20170902082643j:image

この時計が8時15分の時、長針にピータパンが乗っていた!みたいな話をしながらホテルに戻りました。

f:id:yukieisori:20170902082743j:image

 

あと、ダブルデッカーの二階に乗りたい!という話もしていたので、短い距離だっけど、乗り、車内から撮影。

f:id:yukieisori:20170902082827j:image 

車内から見える景色↓

f:id:yukieisori:20170902082815j:image

街の中のPUBで仕事終わりの一杯をしている人がいっぱい!!みんな席に座らず、店の周りで立ち飲み。

 

私たちも、飲みに行きました!

 

次の日、歩いてバッキンガム宮殿へ。

f:id:yukieisori:20170902084823j:image

 f:id:yukieisori:20170902084839j:image

 

あとは、時間があればしたかった、紅茶タイム。

f:id:yukieisori:20170902082937j:image

クリームティーをいただきました!

 

ロンドンの街、思っていた以上にかわいい街。もっともっと時間がほしかったな〜。

f:id:yukieisori:20170902083632j:image

f:id:yukieisori:20170902083638j:image

もっといろんな街並みや博物館、美術館が見たかったし、ロンドン郊外にも行ってみたいなという気持ちになりました。

 

でも、明後日から始まるウーフのためにカーディフへ移動。

f:id:yukieisori:20170902083036j:image

 

Long     vacation in London!

London vacation ! 

 

 

 

ドーバー海峡を渡る @ロンドン

今朝、パリを出発し、バスでロンドン入り。イギリスには、飛行機でしか行けないと思っていたけれど、バスでも!?というか、列車でも行けた!

 

その前にフランスを出国。これで完全に脱シェンゲン!ビザなしで90日滞在可能。ほぼ3ヶ月滞在。フルに活用した。

 

そして、イギリスに入国。事前の情報で入国審査が厳しいとは聞いていたが、本当に厳しかった…私ひとりだったら入国できていなかったかも…

 

何をしに来たのか?何日いるのか?予算はいくらか?イギリスは初めてか?仕事はしているのか?次のフライトは?日本に帰ったら何をするのか?

などなど、たくさんたくさん質問されました。

 

入国審査が厳しい理由は、イギリス国内で不法滞在・不法労働・偽装結婚が深刻な問題になっているらしい…

 

隣で審査を受けていた世界を回っていそうな人も、長い長い時間、質問を受けていました。

結局、バスのメンバーの中では、私たちが最後まで入国手続きをしていました…

 

入国手続きが終わったら、なんと!バスがそのまま列車に乗り込む。

えっ!?このままドーバー海峡を渡るの!?と不安が急上昇…

f:id:yukieisori:20170831071235j:image

 

気持ちを落ち着かせるために、バスから降りてトイレへ。

 

ここ↓に車が並ぶ。

f:id:yukieisori:20170831072809j:image

f:id:yukieisori:20170831072901j:image

一応、避難経路的なものが書かれていたので、ちょっと安心。 

f:id:yukieisori:20170831072904j:image

バスに戻る。

f:id:yukieisori:20170831073015j:image

周りの景色が動かないまま、なんとなくバスが揺れている。たぶん、列車が動き出したんだろう。景色が動かないとスピード感が全くなく、動いているのかどうかも、わからない。

気持ちが落ち着かないので、寝ることに。年々、狭いところがしんどくなっている。

 

30分ほどして、地上に出る。ホッと一安心。

f:id:yukieisori:20170831073156j:image

天気予報通り、ロンドンは雨。

f:id:yukieisori:20170831073516j:image

 f:id:yukieisori:20170831073531j:image

 

夕方、雨が上がり始めたので、明日は晴れるかな!?

f:id:yukieisori:20170831073622j:image

 

 

 

パリを歩く @フランス

パリには3泊。明日、ロンドンに向けて出発。


パリ初日は、夕方に到着したこともあり、夜ごはんだけ買って、ホテルでゆっくり。次の日からの計画を立てる。

 

2日目。パリ観光の王道ルート。


朝からルーブル美術館

f:id:yukieisori:20170830060541j:image

有名どころをおさえて…

サモトラケのニケ」↓

f:id:yukieisori:20170830060655j:image

モナリザ」↓

f:id:yukieisori:20170830060743j:image

モナリザまでとぉーーーい!

 1番前まで行って・・・

f:id:yukieisori:20170830060858j:image

しっかりと写真におさめる。

「ミロのヴィーナス」↓

f:id:yukieisori:20170830061319j:image

 などなど、美術に詳しくない私でも見所満載!!


次は、シャンゼリゼ通りからの凱旋門

f:id:yukieisori:20170830061544j:image

♫オ〜シャンゼリゼ〜♫

f:id:yukieisori:20170830061747j:image

 

そして、エッフェル塔

f:id:yukieisori:20170830061859j:image


王道なだけあって、見応えはある。

 

帰りにカヌレのお店へ。

f:id:yukieisori:20170830062004j:image

カヌレはパリよりも、発祥の地ボルドーの方が美味しかったかな。

 

カロンのお店にも寄っけど、閉店直後だった…残念。次の日にお預け。

 

パリ3日目。
朝からバスティーユ広場へ。もともとバスティーユ監獄があった場所。

f:id:yukieisori:20170830062147j:image


私は、はじめあまり興味がなかったけれど、ともに旅する友だちがぜひ行きたい!ということだったので、行程に入れる。行くからには下調べを前日にした。すると、興味深いことがヒットした。
バスティーユ牢獄の跡が残っている。

 

上の写真、道路にある褐色の丸。これは牢獄の跡。この部分。

f:id:yukieisori:20170830062601j:image

建物の上にはこんなプレートが↓

f:id:yukieisori:20170830062824j:image

f:id:yukieisori:20170830062832j:image

これも下調べする中で発見。下調べがなかったら、きっと見落としていた…

 

他にも、バスティーユ監獄とセーヌ川をつなぐアルスナル運河。

f:id:yukieisori:20170830063420j:image

かつてバスティーユ要塞を囲んでいたお濠の跡。

 

近くの公園には、バスティーユ要塞の塔の土台が残されている。

f:id:yukieisori:20170830063838j:image

 

地下鉄にも。

f:id:yukieisori:20170830063925j:image

 

この場所は、フランス革命の発端の場所。ん・・・確か、社会で習ったな…ぐらいの記憶。でも、現地を訪れる中で学び直しをする機会となる。興味・関心って大事!

 

そういや、ルーブル美術館にもこの絵が。

f:id:yukieisori:20170830064120j:image

 

あとは、『レ・ミゼラブル』の舞台パリ。もっともっと時間があったら、小説も読んで、舞台となったところを訪れたいな。

モン・サン・ミッシェルを楽しむ

この日は、モン・サン・ミッシェルの夕焼け、ライトアップ、朝日を楽しむためにここに来た。

 

11:45レンヌ発のバスに乗り、1時間ほどすると、目の前にモン・サン・ミッシェルが現れる!

f:id:yukieisori:20170829045645j:image

これだけで感動!存在感がすごすぎる!

 

この日の宿泊は、バス停から1.5kmほど離れたオーベルジュ・デ・ラ・バイエ。

ちょっとバス停から離れているけれど、歩きながらずっと左手に見えるこの↓景色と、ホテルに併設されているレストランでの料理を楽しみにひたすら歩く。

f:id:yukieisori:20170829045721j:image

 

荷物を置いて、早速モン・サン・ミッシェルへ。まずは下見。本番は、夜景と夜間の修道院入館!

f:id:yukieisori:20170829045940j:image

ひたすら、道なき道をモン・サン・ミッシェル目指して歩く。めっちゃ贅沢な景色!!

f:id:yukieisori:20170829050010j:image

 

圧巻!!

f:id:yukieisori:20170829050111j:image

f:id:yukieisori:20170829050142j:image

 

下見を終えて、楽しみにしていたディナー。

f:id:yukieisori:20170829050212j:image

久しぶりの肉料理だと思ってはりきると、半分しか食べられなかった…私にはやっぱり肉中心より野菜中心の料理が向いてるかな…反省。でも、デザートまで楽しみました!

 

と、ゆっくりしているとサンセットが始まってるぅぅぅーーー!!!慌てて、外へ。

f:id:yukieisori:20170829050239j:image

セーフ!!間に合いました!

 

羊たちもお家へ帰ります。

 f:id:yukieisori:20170829050318j:image

 

空の色がどんどん変わっていく様子を見ながら、モン・サン・ミッシェルを目指す!

 f:id:yukieisori:20170829050440j:image

めっちゃ贅沢な景色と時間。

私たちだけの景色と時間。

f:id:yukieisori:20170829050546j:image

f:id:yukieisori:20170829050625j:image

 

夜間の修道院は・・・って感じ。工夫を凝らしすぎて、なんかのアトラクションのよう…昼間に入っておけばよかったかな!?

 f:id:yukieisori:20170829050714j:image

f:id:yukieisori:20170829050740j:image 

最後、この景色を堪能して、シャトルバスでホテルに帰りました。

 

そして、朝も朝日を浴びるモン・サン・ミッシェルを見ながら、パリへと向かいました。