読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「罪と罰」@サンクトペテルブルク

出発当初、目的にしていたモスクワ、サンクトペテルブルクに到着したので、今後、どこを旅するか相談。


ロシアはビザの関係もあるので、残念なことにタイムリミットがある…あと10日ほど。

 

昼ごはんを食べに行きがてら出発。

f:id:yukieisori:20170515022719j:image

サーモンクロワッサンはいまいち…キッシュは美味しかった!(980円ぐらい)

 

腹ごしらえ後、まずは…

 

ここサンクトペテルブルクは「罪と罰」の舞台になった街。

まずは、ドストエフスキーが「罪と罰」(1866年)を執筆したというアパートへ。今もなお住まれている方がいるので、外観だけ。

f:id:yukieisori:20170515022929j:image

f:id:yukieisori:20170515023001j:image

約150年前の建物が今もまだ使われている。この通りには、他にも1866年ごろと同じ建物が多く残っているらしい。


私は読んだことがないので、読んでからもう一度訪れたら、また違うんだろうな〜。

 

次はイサク聖堂へ。

f:id:yukieisori:20170515023608j:image

ここの広場は主人公が、この近くの建築資材置き場のような場所に凶器や盗品を隠した、イサク広場。

 

イサク聖堂の上から見たサンクトペテルブルク市内

f:id:yukieisori:20170515031016j:image

 

その後、イサク聖堂の中へ

(世界で最も大きな教会建築のひとつ

1858年に完成。完成まで40年の歳月が費やされた)

f:id:yukieisori:20170515031149j:image

点字もある

f:id:yukieisori:20170515031506j:image

広すぎて、大きすぎて、写真では、なかなか中の様子が伝えきれない。

 

エルミタージュ美術館は、後回しにして、血の上の救世主教会に向かう。

 

その途中…


スリにあいかけた((((;゚Д゚)))))))

スリ対策もしての行動だっただけにビックリ!被害はとりあえずありませんでした。

肩になんかあたったな〜と後ろを振り返ると、すでに友だちのリュックのポケットのチャックが開いている…
そこにはイサク聖堂入館の際の使用済みチケット、ボールペンぐらいしか入れてなかったけど、ちょっと焦りました。
気を引き締め直して、血の上の救世主教会へ。

f:id:yukieisori:20170515031453j:image
1907年に完成。中はすべてモザイク画。すごい!の一言。

 

f:id:yukieisori:20170515031721j:image

これも写真ではなかなか…

 

スリに気をつけながら、公園の中を散歩し、

f:id:yukieisori:20170515032309j:image

 

カフェへ。

f:id:yukieisori:20170515031756j:image

ちょっと気を張っていたので、ホッと一息してから、帰路へ。

 

今日の晩ごはんは、昨日、友だちのおばさんからいただいたそうめんで、友だちが作ってくれました。

f:id:yukieisori:20170515032048j:image

「somen de pasta」

美味しかったです(^^)ごちそうさまでした。

 

#地球の歩き方参照